復縁して結婚する為の行動とは

別れた相手が忘れられず、復縁して結婚を望む場合、どういった事をしたらその可能性を高める事ができるのかを考えた場合、必ず叶える方法などは皆無だと思いますが、後悔しない為にやれるだけの事をしたいと決意した時は、何をしたら相手の心に響くのか考える事と思います。
その状況になった場合は気持ちは辛く中々冷静になれないと思いますが、相手の立場を考えて行動する事が大切です。
別れた直後に何度も連絡が来ると恐怖を与えてしまうので、時間を空ける事が大事だと思います。
連絡をしても返事を期待するのではなく、押し過ぎない感覚でアクションを取り続け、自分の中で決めた復縁の期限を相手にも伝え、それを過ぎたら諦めると嘘でも伝える事もひとつの手段として、また自分の気持ちに区切りをつけ前に進む為にも有効ではないでしょうか。
その区切りが過ぎても、縁があればまた必ず引き合うものです。
偽りのない真摯な気持ちが響く相手なら、復縁の可能性は必ずあると信じる気持ちを大切にして、その縁を信じたいものです。

復縁後の結婚は長続きするのか

一旦別れたけれどまた元の鞘に収まったのが復縁です。
別れた原因が解消されて元に戻るといった顛末ですが、これは意外と難しいのです。
というのはその原因が性格的なものであれば直すのは極めて難しいですし、そうでなくても人の心とはその時の環境や人間関係など色々な状況から変わってくるからです。
ただ、これらの諸条件をクリアして復縁できたなら、その二人の関係は長続きすることが多いと言われ、復縁後に結婚したケースも多くあります。
ただ、ここで注意したいのが元鞘なら絶対長続きするわけではないことです。
特にどちらかの浮気が原因で一旦別れた場合、また浮気される可能性が高いからです。
浮気性というのは一種の癖なので自分でやめようと思ってもやめられないことが多いからです。
結婚して家庭を持ったら変わるのではないかと言われる方もいるでしょう。
しかし、前述のように癖なのでそう簡単に直せないのです。
浮気は浮気、本気にならないならいいと割り切って考えられるなら、それでもいいでしょう。

check

2016/4/14 更新